CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

ENGINEER T.A.

「もっと良くなる」を自ら見つけて、新しいことにチャレンジし続ける。

前職ではエンジニアとして、ソーシャルゲームの運営における施策実装を担当。2016年7月ファンプレックス入社後は、自身の希望でプロダクトの機能改善担当を務める。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

エンジニアとして1プロダクトを担当しています。施策を作る側ではなく、「改善系」と呼んでいるのですが、裏側でエンジニア業務の効率化、処理速度の高速化などを担っています。不具合を見つければその対処も行っています。
今取り組んでいるのは、プロダクトの中で負荷が高い処理の軽減です。どうすれば今の機能へ影響を与えずにその負荷を下げられるかを考えています。問題が起きないよう、慎重に改善を進めています。
前職で担当していたソーシャルゲームでは、施策をメインで行っていましたが、ファンプレックスに来るタイミングで改善側の業務を希望しました。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

改善系の業務を今まで経験したことがなかったので、新しい視点や考え方で挑戦できているという点で日々やりがいを感じています。
今までは施策の担当をしていたので、リリース日までに施策を完成させることでしたり、プランナーをはじめとするチームメンバーがどうすれば動きやすいか、どのように作ればQAの担当者がデバッグしやすいか、といったことを考えていました。
一方で改善系の場合は、もう少し中長期的な視点でエンジニアの業務効率を上げていくことがミッションです。お客様から見えているプロダクトの表の部分よりも、裏側のサーバーやインフラ面での改善が中心で、連携するメンバーもエンジニア同士のことが多くなります。施策担当と改善担当では全く特性が異なるので、双方を経験できるのはとても面白いことだと思います。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

ファンプレックスは自由度が高い会社だなと思います。
先ほどの話にもつながりますが、これまでずっと施策の担当をしていた自分が、ファンプレックスに来るタイミングで改善系の業務を希望しても、チャレンジさせてもらえるような環境です。役割を限られることもなく、それがプロダクトにとって良いことであれば、やりたいと言えば任せてもらえる自由度の高さが自分にとっては大変働きやすいです。
また、チームの雰囲気が良いですね。プロダクト内のチーフエンジニアが明るいですし、メンバーをみんなでランチや飲みに行くことも多いです。女性同士も仲が良く和気あいあいとした雰囲気です。

Q4

社長はどんな人ですか?

メッセージを伝えるのがすごく上手い方だと思います。
全体の前で総括をお話されるときも、いつも明確なビジョンをわかりやすくお話されていて、尊敬しています。その一方で飲みの場に顔を出されることも多いのですが、飾ることもなく明るくフラットに接してくださるのでとても話しやすいです。
入社の際に面談をしたのですが、初対面の時からフラットな印象は変わらず、自分に期待している役割について丁寧にお話いただき、入社後のイメージを持ちやすくしてくださったことを覚えています。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

「もっとこうすれば良くなる」を、自分で考えて見つけられる人が良いと思います。
エンジニアがやるべきことは沢山あるので、じっとしていても仕事は任せてもらえますが、それだけで終わってしまうのはもったいない環境だと思います。と言いますのも、こんなに自由度高く仕事を任せてもらえる環境はなかなか無いと思うからです。
どうすればもっと良くなるのかを常に考えて、頼まれた以上の成果を挙げる。そういう思考の癖をつけると、この環境を生かして自分自身の成長につなげていけると思います。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

新しいことにチャレンジし続けていたいと思います。
一つのことを掘り下げるのも良いですが、自分の性格的には、幅広く色々なことに挑戦していく方が合っているように思います。それなので、エンジニア領域で新しい知識・経験を身に付けていき「エンジニアのことならなんでも来い」という人になりたいです。そのように成長することで、せっかく会社にいるので、チームという単位でも何か新しいことを成し遂げられたら良いと思います。