CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

Chief Designer H.S

まずは挑戦。多くの経験と幅広い視野を持った、ゼネラリストなデザイナーを目指して。

2016年7月にファンプレックスへ入社。少年誌系IPのブラウザゲームを経験後、大規模な長期運営タイトルの運営移管をイラスト部門のリードデザイナーとして経験する。2018年4月にチーフデザイナーに就任し、担当タイトルにおけるデザイン全般のマネジメント業務を務める。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

リリースされてから5年以上経つブラウザタイトルのチーフデザイナーとして、イラスト・UI・2D系デザインに関わる全ての監修、スケジュール管理、外注会社対応などをメインに行っています。私の担当するタイトルではデザイン業務の一部を複数の制作会社さまに外注しているので、社外とのやり取りも多く、認識のズレがないよう密なコミュニケーションをとるよう心がけています。また、チーフデザイナーとしてメンバーの管理も行っているので、一人ひとりの個性や特徴を理解しながらマネジメントしています。既に5年以上運営されていたタイトルの運営をするうえで気を付けていることは『バランス』。タイトルの歴史が長ければ長いほど、変えたくても変えられない部分や昔ながらのルールが多いのですが、より長い運営を目指すには変化もしていかなくてはいけません。そこのバランスをとっていきながらの運営は難しいですが、その分やりがいや面白さも感じながら日々業務に励んでいます。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

まず、未経験ながらも移管時にイラストチームのリーダーに抜擢されて、無事に移管を終えたことです。移管もリーダー業務も未経験だったうえに、初対面のメンバーも多かったので最初は不安を感じていましたが、メンバーに対してどう振る舞うべきかを常に意識しながら、リーダーとして信頼を得らえるよう注力しました。クライアント企業さまとは良好な関係を築きながらスムーズに移管できたと思います。
あとは、チーフデザイナーとしてイラスト業務・全体スケジュール管理・費用管理・マネジメントと一気に未経験な業務を任されたこともやりがいに感じた仕事の一つです。イラストだけではなく、FlashやUIなど、自分が専門としていない領域も含めて監修しなくてはいけないので、分からないことは他のチームに相談したり、自分で勉強をしながら進めていました。自分の意志や意図をしっかりと伝えられるチーフデザイナーであるよう、メンバーへフィードバックする際も気を付けていましたね。これは今でも気を付けながら業務を行っています。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

明るくポジティブで、自発的に行動する人が多いところです。
ファンプレックスは社内行事が盛んで、職種や役職問わず色んな人がイベントを企画しているのですが、やりたいことを自由にやらせてくれるフラットな環境も会社の魅力のひとつだと思いますね。
あとは、ネイティブ・ブラウザ・2D・3Dと様々な技術のゲームに関われることも大きな魅力です。デザイン部では、スキルアップを目的として定期的にナレッジの共有をしているのですが、それぞれ経験も違うし持っているスキルも異なるので勉強になることが多いです。メンバー間の雰囲気も良く、困っていることや悩んでいることがあると気軽に相談に乗ってくれたり勉強会を社内で実施してくれるなど、成長するうえで良い環境だと感じています。

Q4

社長はどんな人ですか?

常に目線を合わせて分かりやすく丁寧にお話しして下さる方です。
入社前の社長面談の際、常に私に目線を合わせてお話しいただき、目標に向かって一緒に進もうとしてくれる姿勢がとても印象的でした。この印象は入社後も変わらず、挨拶や仕草など礼儀正しいところも社会人として学ぶべきところが沢山あり、尊敬しています。
あとは、とてもフランクな方ですね。チームの飲み会に顔を出して下さるのですが、良い意味で溶け込んでいらっしゃるというか。気軽さだったり話しやすい雰囲気をいつも出して下さる方です。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

チームワークを大切にして、向上心のある方が良いと思います。
運営はチームワークがとても重要なので、専門的なスキルももちろん大事ですがチームに溶け込めるかどうかの方が大事になってくると思います。
あとは、風通しの良い会社だからこそ未経験なことでも挑戦出来るチャンスが沢山あります。積極的にやってみたい!と言えるような意欲的な方で、チームの横連携が出来る方こそチーム単位で動くファンプレックスに必要だと思います。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

マネジメントスキル、デザインスキルの向上はもちろん、会社が目標として掲げる『ゲーム運営業界におけるトッププレイヤー』を達成できるよう、私もファンプレックスの一員として目指していきたいです。その先で多くの経験と幅広い視野を持ったゼネラリストなデザイナーになりたいと思っています。そのためにも、今後は新しいことに挑戦していきたいですね。今まで担当したゲームはブラウザ系なのでネイティブタイトルの運営に携わりたいです。モバイルゲームは時代の流れが早く、時代によって流行も変わっていくので最新の技術トレンドをキャッチアップしたいです。あとは未経験ジャンルの運営に挑戦したいですね。カードバトル、アクション、RPGなどジャンルの異なるゲームの運営を経験できるこの環境はファンプレックスならではの強みだと思うので、この環境を自分の成長に生かしていきたいです。
環境という点では、私は契約社員からスタートし、今年正社員に登用されたのですが、職種問わず周りの方々がサポートをしてくれました。「こうなりたい」という想いを持った方であれば、経験を積めるタイトルも応援してくれる人もいるので、安心してキャリアを積んでいける環境だと思います。今後も更なる高みを目指してモチベーション高く取り組んでいきたいです。