CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

Manager Y.S

お客さまに近い仕事を。リアルタイムに反応がもらえる『運営』ならではのやりがい。

BtoB向けのシステム開発経験を経て、2017年1月にファンプレックスへ入社。 異業種からの転職ではありながら、入社してすぐに大規模な長期運営タイトルの移管を経験し、チーフエンジニアとして活躍する他、4つのブラウザ系タイトルのエンジニアマネージャーも務める。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

4つのブラウザ系タイトルのエンジニアマネージャーをしており、その内1つのタイトルはチーフエンジニアも兼任しています。具体的な業務内容は、各タイトルで問題点が生じた際の解決はもちろん、運営を行ううえでの潜在的な問題点や改善点を見つけては解決に向けて動いています。例えばもし何か障害が起きてしまった時、収束させることをゴールにせず、今後再発させないためにはどうしたら良いかを考えて、他のタイトルで良い運営フローがあれば導入してみるなどしています。タイトルによってエンジニアの業務体制だったり開発環境も違うので、それぞれに最適な環境は何かを常に考えながら、エンジニアが楽しく仕事ができるように意識して仕事をしています。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

入社して1年も経たないタイミングで、周年の新規イベント1つを全て任せてもらったことです。
プランナーが考えた企画に対して、実現するためにはどうすべきか設計し、開発を行い、テストし、リリースするまでの一連の業務をメインで行ったのは初めてなうえ、新規のイベントということもあって、リリース日が決まっている中で仕様がなかなか決まらず、大変でしたね。
ですが、焦らずに一回立ち止まって考えるようにして、チームメンバーと丁寧に話すよう心がけたり、辛い時は素直にチームに助けを求めて、サポートしてもらうことで無事にリリースすることができました。正直、リリース初日にSNS等でお客さまからの反応を見ると厳しいご意見もあったのですが、すぐにチーム内で打合せを行い翌日改善点をリリースすると、「格段に使いやすくなった!」と、お客さまからすぐに良い反響をいただけて感動しました。結果的に売り上げも良かったですし、とても嬉しかったです。元々お客さまに近い仕事がしたいと思ってこの会社に入社したのですが、自分の仕事がリアルタイムにお客さまに触れ、反応がもらえるというのは運営ならではのやりがいだと思います。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

『仕事を任せてくれるところ』です。
社員一人ひとりのキャリアにしっかりと向き合ってくれる人ばかりなので、私自身もマネージャーになるまでに色々な仕事を任せてもらうことで経験を積んでいくことが出来ました。
そういう姿を見てきているからこそ、マネージャーという立場で自分がメンバーのアサインを考える時に自然と任せる意識が生まれてくるのかなと思います。あとは親切な人がとても多いです。全く面識がなかった人であっても質問を投げれば気軽に相談に乗ってくれる人ばかりなのでこういったところも会社の魅力の一つだと思います。社内イベントも盛んで、最近では『ファミリーデー』という社員家族をオフィスに招待して親睦を深めるイベントも開催されました。私も家族と参加したのですが、自分の子供に働いている環境を見せることが出来るって素敵だと思います。こういった自分の会社に誇りを持てるような取組は会社にとってとても良いと思いますし、どんどんしていきたいですね。

Q4

社長はどんな人ですか?

とても気遣いのある方です。
初めてそう思ったのは入社前の面談時でした。面談が始まる前に社長から「資料を見ながら面談をさせて頂くので、目線が下を向いてしまうことがあるかもしれませんが、お気を悪くしないでくださいね」と一声かけてくださったのです。些細ではありますが、とても気遣いの出来る方だなと印象に残っています。あとは、現場との距離が近く、社員一人ひとりのことを大事にされている方だと思います。忙しくても、チームビルディング等にお誘いすれば参加してくださいますし、社員一人ひとりの名前とかキャラクターをきちんと把握されているのでいつも凄いなと思っています。あとは、話し方がとても柔らかく、でもきちんと伝えたいメッセージはしっかり伝えるといった話し方がとても上手で尊敬しています。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

『自分の仕事に線を引かない人』はとても頼りになります。
運営の仕事は、お客さまからの問い合わせや障害対応、急なスケジュール変更に伴う対応など臨機応変に対応しなくてはいけないシーンが頻繁にあるので、それらを柔軟に対応できる人や、自分の仕事の範囲を決めないで色々と挑戦することを躊躇わない人はとても会社にマッチしていると思います。業務を進めるうえでのサポートや失敗した時の責任はマネージャー層が全力で負う体制をとっているので、どんどんチャレンジしていってほしいですね。ファンプレックスの社員は優しい人がとても多いですし、任された仕事はしっかりと最後までやり遂げる責任感の強い人が多いので、安心してキャリアを積んでいける環境だと思います。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

全社員がファンプレックスで働いていることを、誇りに思えるようになって欲しいです。
そのためには、こういったインタビューやイベント登壇、メディアの露出など、ファンプレックスの魅力を広く周知させるための積極的な外部発信は非常に重要だと思いますし、社員の満足度をもっと上げていかなくてはいけないと思っています。そのためにやろうと思っているひとつは、エンジニア部全員が常に新しいスキルに触れられる環境を提供すること。新しい技術があれば勉強会を開いて情報提供したり、新たな技術をタイトルに導入できないか検討したり。例えそれが技術的に新しいものでなかったとしても、自分自身にとって今まで触れたことのないものであれば、自分の成長につながり、社員の満足度も上がると思います。
そして、『組織』は年々進化や成長をしていかなくてはいけないと思うので、会社全体を盛り上げていくためにも、自分がいるラインをメンバーたちがどんどん超えていけるような良いスパイラルを作っていきたいです。