CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

ENGINEER H.F

ゲームに関わる全ての人を幸せに。 みんなで目指す、最高の運営チーム。

2017年11月にファンプレックスへ入社。クライアントエンジニアとして2D系大型IPタイトルの移管を経験。現在も同タイトルを担当し、様々な開発・改善業務を行う他、運営を安定化させるための体制づくりを目指す期待のエンジニア。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

Unityで開発されているゲームのクライアントエンジニアとして、2D系の大型IPタイトルに携わっています。移管のタイミングから担当しており、現在は運営を安定化させるための体制づくりと、このタイトルを今後もお客さまに楽しく遊んでいただけるよう様々な開発・改善を行っています。
主な業務内容は、新規機能やスキルの実装・改修、コードレビューです。最近では、チーフエンジニアのアシスタント業務も行っていて、エンジニアのタスク管理やスケジュール管理も担当しています。メンバーによって力量が違うので、誰にどこまでの業務を担当させるかなど、教育の面で難しいと感じるところは多いですが、元々マネジメントには興味があったので非常に面白いです。他にも、デザイナーやQA担当の業務で改善ができそうな箇所にエンジニアが介入し、業務の効率化を行っています。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

他職種の改善・効率化を行った結果がきちんと数値として表れて、メンバーから感謝をされた時はとても「やってよかった」と思いましたね。
無事に移管を終えて、ファンプレックスで安定して運営を行えるようになり、全体の業務改善に着手し始めたタイミングで、当時は引き継いだ作業をそのまま行っていては人手が足りず、クオリティアップを行う余裕もないという状態でした。そこで、エンジニアが介入し、どうすれば改善できるか、どうすればその作業はやりやすくなるのかを試行錯誤しながら業務改善に取り組みました。
当時は通常業務のアプリ改修等と並行しての改善作業だったため、とても大変な時期ではありましたが、結果として全体の作業効率アップに繋げることができ、それによって本来かかるはずだった工数が他のことに使えるようになり全体のクオリティアップにも繋げることができました。
まだまだ改善できる箇所は多く、エンジニアが介入することでみんなが幸せになれることは多くあります。今後もお客さまだけでなく、このゲームに携わる全員が幸せになれるよう頑張っていきたいと思っています。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

『常に、誰かが、誰かのために、何かを行っていること』です。
どこかで問題が生じれば、それをチーム一丸となって解決に向けて取り組む。それが当たり前で当然のことだという風潮を感じています。また、チーム関係なく、親身に相談に乗ってくれる人ばかりで、どうすれば良いかを全力で一緒に考えてくれる。ファンプレックスにはそういった思いやりの強い人がたくさんいると感じています。場合によっては会社として動いて対処を行ってくれるようなこともとても多いです。何か起こった時に、それを自分一人で抱えなくてよい、というのは心強く、とてもありがたいことだと思います。
他にも、この会社には自身が成長できる場が多く用意されています。成長を促す目標管理制度(MBO)や、定期的な上長との1on1(個人面談)、チームメンバーからのマルチフィードバック等、自身に足りないことや今後どこを目指していくかの参考になることがとても多いところが魅力です。

Q4

社長はどんな人ですか?

ファンプレックスを、社員一人ひとりを、この会社で運営されているゲーム一つひとつを、とても大切にされている方です。
今会社がどうなっているのか、今後私たちがどうなっていくべきなのかを、いつも丁寧に誠意的に伝えて下さり、自分が目指す方向ややるべきことが何かを導いてくださっています。入社前に面談させていただいた時に、このゲーム運営事業の未来について社長の理念をお伺いし、その内容にとても興味が湧いて入社をしたのですが、入社後もその理念に向けて着実に進んでいるなと実感でき、入社して良かったと感じています。
他にも、とても真摯に社員一人ひとりのことを考えて下さっていて、イベント等にも自ら積極的に参加されているのが印象深いです。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

『誰かのために何かができる方』です。
チームの誰かが困っていたら手を差し伸べ、一丸となって解決を目指せる方が必要だと思います。
技術力ももちろん大事ですが、何よりチームを大事に、相手を大事に思うことが大切と感じています。また、自らやり方を考案できる力であったり、今ある悪しきものを打ち破る勇気も大事です。運営業務は常に正解探しで、今あるものが本当に正しいものなのか、もっと良い方法がないのかを考え自ら行動していく必要があります。そのような時に、自ら率先して動ける方が必要だと思っています。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

お客さま、クライアント企業さま、運営のチームメンバーなど、ゲームに関わる全ての人が幸せになるために、みんなで考えていける運営チームを作りたいと思っています。
そのためには、チーム運営が健全に行えるよう、メンバー全員が働きやすいと思える環境を作る必要があると思っています。チームメンバーのタスク量は多すぎていないか、問題を抱えていないか、日々当たり前のように行っている作業が本当に必要なことなのか、誰かがつらい状況になっていないか等を、みんなで気にし合いながら改善していける体制を作っていきたいです。
さらに、チームのコミュニケーションが活発になることで、些細なことから良いアイディアが生まれたり、もっと改善できるところが見つかったりと、プラスになることがとても多くあると思っています。今後もファンプレックスが運営しているゲームをお客さまが一日でも長く、楽しく遊んでもらえるようにするのはもちろんのこと、誰もが一緒に働きたい・働けて良かったと思えるチームにできるよう、これからも努力していこうと思います。