CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

Associate Manager T.I

運営に大事なことは、チーム全員が常に良い状態で「楽しく」働くこと。

BtoB向けのシステム設計・開発経験を経た後、教育系のスマートフォン向けアプリ開発やモバイルゲームの新規開発を経験し、2019年7月ファンプレックス入社。 入社後すぐ某大型IPタイトルのチーフエンジニアとアソシエイトマネージャーを兼任し、エンジニアとして体制面の立て直しを行う他、マネジメント業務にも携わる。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

某IPタイトルのチーフエンジニアとアソシエイトマネージャーを兼任しています。クライアントチーフとしては、担当タイトルを1日でも長く安定して運営させること、タイトルの成長を促進させることに注力しています。アソシエイトマネージャーとしては、組織やメンバーの成長を軸に、チーム全員が「楽しく働くこと」を意識して業務を行っています。
そのために、メンバーそれぞれのやりたいことを実現するための環境づくりや、成功体験を積み重ねられるような機会の提供など、一緒に働くメンバーが楽しさを見出せるような場を提供し続けられるよう心がけています。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

担当しているタイトルにおいて、エンジニアの開発・運用体制の安定化をさせたことです。
体制の安定化に取り組む理由として、「お客さまの満足度をあげるため」ということはもちろん念頭に置いているのですが、お客さまに満足いただけるゲームを運営するために、まずは一緒に働くチームのメンバーが楽しく運営出来ているかどうか、ということが大事だと思っています。
働いていて楽しい環境であればあるほど、お客さまの笑顔を想像する余裕をもってより良いゲーム運営が出来ると思うので、チーム内でのナレッジ共有や優先度を決めるための仕組みづくり、タスクの見える化等、今までのルールや開発手法の見直しを行いました。だんだんとメンバーに余裕が出来てくるのが日々近くで感じられ、頑張って良かったなと思いますし、大きなやりがいを感じています。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

色々な領域でチャレンジ出来る環境が用意されているところです。
ファンプレックスクオリティで掲げている「CHANGE」のとおり、「こうしていきたい!」「こうなりたい!」というビジョンがあれば、実現に向けて積極的に挑戦の機会を与えてくれますし、従業員の成長を支援する制度も多く用意されているので、成長を実感できると思います。
エンジニア部の取り組みを例に挙げると、資格取得を支援するような制度やオンライン講座の受講をサポートするような制度等、充実しています。市場変化に応じてエンジニアに求められるスキルもどんどん変化していくので、その変化に応じて制度内容も柔軟にカスタマイズしていくところも会社の魅力の1つだと思います。

Q4

社長はどんな人ですか?

会社愛やゲーム愛が強く、従業員のことをよく考えてくださっていて、ファンプレックスクオリティで掲げている「LOVE」を体現している方だと思います。
以前、社長からお声がけくださり、当時担当していたタイトルの未来について2人で話す機会があったのですが、一従業員に対してもフラットにコミュニケーションをとってくださり、とても情熱を持った方だなととても印象に残っています。
あとは、全従業員が集まる朝会やキックオフの場で、ゲーム運営の楽しさや魅力を話してくださる機会も多く、従業員の働くモチベーションを上げてくれるところも素敵だと思います。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

行動力があって、チャレンジ精神を持っている方です。
自身のやりたいことがぼんやりとでもいいから見えていて、それがファンプレックスでなら実現できそうかも、と少しでも思ってくれた方が良いなと思います。
あとはエネルギッシュな方が良いですね。より良いものを作るためにはチーム全員が常に良い状態で働くことが大切だと思うので、何でも思ったことを気軽に話してくれたり、問題点があれば率直に言ってくれる人の方が良いなと思いますし、そんな方と一緒に働きたいです。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

ファンプレックスは案件の都合上、運営しているタイトルのほとんどを公表していないのですが、「このゲーム、すごい面白いんだよ」と友人から紹介されたものが全てファンプレックスの運営しているゲームだったらとても素敵ですね。
そんな未来を目指して、今後もファンプレックスで働くメンバーが、働いていて心の底から楽しい!と思えるような、より良いチームや組織づくりをしていきたいと思っています。
ファンプレックスは、市場変化やお客さまのニーズに応じて事業の幅をどんどん広げていっているので、「楽しんで働く」というモットーは引き続き大事に、今後も会社として色々なことに挑戦していきたいです。