CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

Chief Engineer T.F

従業員の成長を後押しする環境で、 より幅広い領域をカバーできるエンジニアに。

複数のモバイルゲームの開発運営経験を経て、2019年7月ファンプレックスへ入社。 現在はネイティブタイトルのチーフエンジニアとしてマネジメント業務を行う他、運営の最適化を目指して技術領域の統括を務める。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

チーフエンジニアとして、ネイティブタイトルの運営に携わっています。業務内容を一言で表すと「チーム内の技術的な問題全般を解決していくこと」です。ツールの移行作業をはじめとした運営フロー改善をはじめ、新規実装や改修項目の検討等、技術領域を統括する立場として責任をもって担当しています。
また、現在は4名のエンジニアの管理業務を担当しており、開発計画の設計進行やメンバーの進捗管理などをメインに行っています。チーム状況に応じて、プログラムを書くこともあるのですが、メンバーの手が回らなかった場合のヘルプとして動くことが多いです。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

私は元々ファンプレックスと合併したORATTAという会社にいて、吸収合併によってファンプレックスに入社しました。在籍期間としては1年も経っていないので、まだまだこれからという感じはありますが、業務で求められることは多く、日々の業務にやりがいを感じています 。
チーフという立場として求められることの一つは、計画の策定。「計画」といっても様々で、育成計画やサーバーの引継ぎ計画、半期毎のロードマップ作成などがあります。未来を予想しながら計画を立てていくことに難しさはもちろんありますが、上長からフィードバックをもらいながらブラッシュアップすることで、自分の視野が広がっていくというやりがいもあります。ファンプレックスへ入社する前は、エンジニアのメンバーとしての技術寄りな業務が多かったので、今こうして新たな領域の業務が行えるのは面白いです。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

「組織がしっかりしていて、スキルアップしていく土壌が整っているところ」です。
ファンプレックスは組織が階層構造になっていて、方針やミッションなどを上層部がきちんと固めてくれ、下に伝えてくれます。また、ファンプレックスには成長を支援する制度が多いです。定期的な上長との1on1(個人面談)、半期ごとに設定した目標に対して定期的に達成状況や課題を共有するMBO(目標管理制度)など、従業員一人ひとりの成長を後押しする環境は大きな魅力だと思います。組織全体の制度・取り組みの他にも、エンジニア部として成長を支援する制度や取り組みがどんどん増えています。ファンプレックスに所属するエンジニアの市場価値を高めるために、定期的に勉強会やセミナーが開催されていたり、技術的な資格取得の支援制度もあります。私も現在いくつかの勉強会に参加しているのですが、通常業務とは別に学べる機会があるのはとても嬉しいですね。加えて、チーム内の繋がりが強く、タイトルに対する愛が強い人が多いところもファンプレックスの魅力の一つだと思います。

Q4

社長はどんな人ですか?

フランクで話しやすく、物腰の柔らかい方です。
全社イベントや有志のメンバーで開催しているリフレッシュルームでのイベントなどで社長とお話しする機会があるのですが、いつも話しやすい雰囲気を作って下さる印象です。また、従業員の顔と名前を把握されていて、一人ひとりをよく見ていらっしゃるなと感じる瞬間が多いですね。
合併をする前、初めて社長とお話しした時も今と同様に柔らかい雰囲気でした。親身になって話を聞いてくださったのが今でも印象に残っていますね。そのため、初めてお会いした時から社長の印象は変わっていないです。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

「課題を発見し、解決していける人」が必要だと思います。より長くお客さまに楽しんでもらうゲーム運営をするためには「現状維持」だけではいけません。「今までこうしていたから、このままでいいや」ではなく、「どうすればもっと良くなるか」を常に意識出来て、課題解決に行動力のある方。そして、行動した後も、責任をもってやりきれる方はとても活躍できると思います。
他に、こんな人と一緒に働きたいなと思うのは「ゲームが好きな人」。ゲーム愛の強い人は、凄い熱量で企画を考えたり、能動的に動ける人が多いと思います。加えて、そういったメンバーの存在はチームに良い影響を与え、チーム全体の雰囲気も明るくなります。ゲーム好きがマストというわけではないですが、是非そういった人と一緒に働きたいです。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

今後は、更に仕事の領域を広げていきたいと考えています。私は現在、クライアントとサーバー両方を見ていますが、まだそれぞれの領域で経験したことのない開発環境・言語が沢山あります。そのため、一人のエンジニアとして、より幅広い知識やノウハウを蓄えていきたいです。エンジニアとして経験を積んでいくために、いずれは別のIPタイトルの運営にも挑戦していきたいです。
また、エンジニア部ではスキルアップを目的とした取り組みや制度が多くあるので、今後も積極的に活用していきたいと考えています。将来的には、技術的な面はもちろん、その他の面でもより広く仕事を任せてもらえるようになりたいです。