CHANGE THE LIFE

人生というゲームも変えていこう。

Engineer Manager M.J.

人の力で会社を育てる。エンジニアが最高に楽しめる環境で、メンバーととことん向き合い成果を挙げる。

2017年1月、ファンプレックスエンジニアグループの部門マネージャー就任。複数プロダクトのエンジニア領域を横断的に統括。エンジニア領域の課題解決に取り組みながら、メンバーの育成にも注力している。

Q1

ファンプレックスでの仕事内容について教えてください

ファンプレックスにはプロダクトごとの他に、全社のエンジニアとデザイナーが所属する「グループ」と呼ばれる横断的な組織がそれぞれ存在し、プロダクト間の情報交換や人材配置の最適化のための意見交換を行っています。
プロダクトは職種ごとのグループに区分されているのですが、私はエンジニアグループの部門マネージャーとして、そのうちの1部門を担当しています。具体的には、その部門に所属する2プロダクトのエンジニアを横断的に統括している形になります。
私のミッションはファンプレックスのエンジニア領域における課題解決になりますので、コスト削減や効率化のハンドリングを行ったり、また、人材の育成という点にも注力しています。
メンバーとは色々な話をしますが、とにかく何度も伝えているのは「プロフェッショナルとしてまずはオペレーションの品質を上げる。エンジニアリングが起因の障害を出さないようにする。」ということです。技術を上げることはもちろんですが、何よりも基礎が一番大切ですので、そこは徹底して伝えるようにしています。

Q2

特にやりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください

メンバーが成果を出してくれた時に最もやりがいを感じます。
ファンプレックスに来るまでは、1スタッフとして自分の業務で成果を挙げることを考えてきましたが、今はマネージャーという役割をいただき、人と向き合っている時間がとても多いです。メンバー一人ひとりに合わせたキャリアプランを考え、どうすれば次のステップに進めるかをとことん考えています。プライベートを含めても「こんなに人のことを考えたことがあったかな?」と思うぐらいです。
先日とあるプロダクトの引き継ぎを行った際、もともとの仕様では、全ページに共通の処理を入れたくても、ファイルを1つ1つ修正するしか術がありませんでした。。それを、効率化のために1ファイルの修正だけで全ページに反映できるようにする、というのをメンバーが成し遂げた時にはすごく嬉しかったです。嬉しかったので社内のMVPに推薦したところ見事に選定され、全社員の前で受賞コメントをしている姿を見た時には、喜びが溢れてしばらく幸せいっぱいでした(笑)。

Q3

ファンプレックスの好きなところは?

「ファンプレックスはこうだ」という決まりが、はっきり存在していないと思うんです。プロダクト1つ1つの移管元が違うので、開発のバックグラウンドが異なり、移管時にはコードの書き方も、施策リリースまでのフローも当然違います。もちろん効率化できる部分は統一していきますが、プロダクトの数だけやり方が存在している状況なので、簡単なことではありません。それ故に、課題が常に存在して、新しい課題も次々に湧き上がってくるような環境なんです。これはネガティブに聞こえますが実はエンジニアにとっては喜ばしいことなんです。やることが尽きなくて、結果がわかりやすく目に見えるし、ユーザーやチームメンバーからすぐにフィードバックをもらえるので、こんなに楽しく刺激的な環境はないと思います。
また、チームメンバーは誰一人として似ている人がいないですね。個性的で楽しい人が集まっていると思います。しいて上げるなら、みんな何かを良くしていこうという意識は持っているのかなと感じます。その前向きな姿勢が私は好きです。

Q4

社長はどんな人ですか?

話の組み立て方がすごく上手な方だと感じます。思い描いたとおりのことを忠実に言葉にできる方です。普段からお話をしていても匠な話術を発揮されるので、気づいたら引き込まれているんですよね。意思もしっかり持たれている方ですし、そんな社長について行こう!と、たくさんの社員が思うのはよくわかります。
あと、メガネが派手ですね(笑)。たくさん持ってらっしゃるみたいですし、おしゃれだなあと思っていつも見ています。
それから、心がとても広い人だなと感じます。メンバーとの飲み会にもよく参加されていて、周りがフランクに絡んでも、快く付き合ってくださるところが大好きです。

Q5

ファンプレックスにはどんな人材が必要だと思いますか?

エンジニアの視点にはなりますが、改善することが好きな人が良いと思います。先ほどの話とも重なりますが、ファンプレックスのエンジニアは常に課題と向き合います。その状況をポジティブに楽しみ、自分自身も周りの環境も積極的に変えて行ける人が活躍する人だと思います。
あとは、1人で抱え込まない人が良いですね。ゲーム運営はどこまでいってもチームで行うものなので、報連相がとても大事です。経験が浅くたって、きちんと自分の置かれている状況を共有して相談する人は困難を乗り越えますし、成長も早いです。
コーディングに関して言えば、自分だけではなく読む人の事を考えられるスキルが必要です。メンバーには常に「コードを書く時も『おもてなし』の気持ちが大事です」と言っています。自分が書いたコードを人にしっかりと伝える、継承する力を持った人が良いプロダクトコードを作るんだと僕は思っています。

Q6

今後、ファンプレックスで実現したい夢は何ですか?

マネージャーなので、どんどん人を育てていきたいです!数年後に「あのときM.J.さんが居てくれたからこんなに成長できました」と、なるべく多くのメンバーから言われたいです。優秀な人材がいないと会社だって続いていかないですから、人の力で会社を育てていけるように頑張りたいです。
そのために今は、自身の人間力を磨かなくてはと思っています。あとは、きちんと話を聞く、わかりやすく伝える、メンバーのことをしっかり見る。これを忘れないようにと、日々自分に言い聞かせています。