TOPICS

BLOG

【オンライン事例紹介】Zoomでチームビルディング実施!

こんにちは。ゲーム運営会社ファンプレックス、広報の長戸路です。

グリーグループでは引き続き新型コロナウィルス拡大防止策として、全従業員がオンラインオフィス勤務をしています。

本日のブログは、オンラインコミュニケーション促進の取り組みについて。
このテーマは先日掲載した「【オンラインで社内イベント!?】お酒片手にゆるく繋がる!「FNPラジオ」開催!」に続き、二回目です。

まずグリーグループには、チーム会食(各種打ち上げ、新入スタッフ歓迎会など)の費用を一部補助をする「チームビルディング(以下TB)補助」という制度があります。
チーム内のコミュニケーションを活性化させて業務の円滑化を図ることを目的に、各チームが活用している制度なのですが、この度全従業員がオンラインオフィスで勤務するにあたり、「オンラインTB補助制度」として制度内容がアップデートしました!
チームでオンラインランチや飲み会を実施する際、一人3,000円まで会社が補助をするという内容です(※デリバリー/テイクアウトのみ)

グリーグループ全体で浸透し始めているオンラインTB。
ファンプレックスでも徐々に活用し始めており、チーム毎に企画内容がとても工夫されていて面白かったので、本日は私の所属するコーポレート部と、ネイティブタイトル2チームのオンラインTBの様子について少しご紹介したいと思います!

部署やチーム内のオンラインコミュニケーション方法について悩まれている方々にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

事例①小規模チーム(~10名)
コーポレート部のオンラインTB

先ずは私の所属するコーポレート部のオンラインTBについて。
開催概要は以下のとおりです。

■運営詳細

・Zoomはビジネスアカウントで設定(接続時間無制限、300名まで最大接続可能)
※業務上、権限付与あり
・TB用に準備したスプレッドシートを画面共有しながら、左右表示モードでメンバー一人ひとりの顔も映した状態で実施

■コンテンツ

19:00-19:10 TB開始&マネージャーから乾杯の挨拶
19:10-21:00 事前に用意したシートを使った自己紹介&質問コーナー
21:00-    終了

ーメンバーのデリバリー写真。
焼き鳥、ピザ、カレー、お寿司など、予算3,000円内で各自好きなものをデリバリー&テイクアウトしました。

ー 今回のオンラインTB中のテーマは「メンバーの知らない一面を知ろう!」。
事前に準備した「自己紹介&チームへの質問シート」を基に、それぞれが満遍なく話せるようあえてフリートークにはせず、話す順番は「交代制」に。話す順番は公平にあみだくじで決定しました。

「自己紹介&チームへの質問シート」には、事前にそれぞれが記入した回答に対して、気になる回答を深堀していきました!

1.自己紹介:略歴/趣味特技/今、興味があること
2.チームへの質問:チームメンバーへ聞いてみたいこと
(挙がった質問)※一部抜粋
・直近一番美味しかったもの
・おススメのゲーム/アニメ
・人生最大のしくじり
・おススメの旅行先
・リモートになってはじめたこと/おススメのストレッチ

ーフリートークにすると、話す人が偏ってしまうこともあると思うのですが、話者を交代制にすることで全員の話を聞くことができ、事前にテーマを決めておくことで会話が盛り上がるのでオススメです!改めてお互いを知る良い機会になり、良いTBでした!

事例②大規模チーム(~30名)
某ネイティブタイトルを運営する、2チームのオンラインTB

今回は、数あるチームの中から、2チームのオンラインTB風景をご紹介!
2チーム共に、チームメンバーは30名近くと大人数のため、二部構成(第一部:全員参加コンテンツ+第二部:少人数コンテンツ(各チーム4~6名くらいにランダムに分かれる分科会形式))で実施しました。

■運営詳細

・Zoomはbasicアカウントで設定(接続時間40分で一時切断、100名まで最大接続可能)
・30名規模のチームのため、「全員参加パート」「少人数パート」の二部構成で開催!

■コンテンツ

【第一部:全員参加型コンテンツ】
19:00-19:30 全員集合&それぞれのデリバリー紹介
19:30-20:30 記念撮影/チーフ&有志メンバーによるコンテンツ
20:30-    PDから一言

【第二部:少人数コンテンツ】
20:30-    各チーム4~6名くらいランダムで分かれ、それぞれ好きなコンテンツを実施

[コンテンツの種類] 
※各メンバーから募ったコンテンツ案はたくさん!種類が多いため、中には当日実施していないものもありますが、どんなアイディアが挙がったのか一部ご紹介します。

▼ゲームを楽しむコンテンツ
・Zoomのホワイトボード機能を使って画伯決定戦
・Akinatorチャレンジ
→出題者の考えているキャラをAIより先に当てられたら勝ちというルール
→順番にAkinatorがかかった質問数が多い人が勝利!
・自分たちが運営するゲームのバトル会
・脱出ゲーム
→画面共有しながらみんなで意見出しながら遊ぶ会
・家の中にあるものしりとり
→制限時間は2分。いつものしりとりを家の中にあるものを持ってきて行う会

▼対話を楽しむコンテンツ
・パパ・ママ限定お子さんと一緒会
→子供同士で自己紹介させ、子供達同士のお話を楽しむ(親はただお酒を飲みながら隣で暖かく見守る)
・おすすめなTVドラマ、映画などを紹介しよう!会
→できれば無料の動画配信サービスで視聴できるものをシェアする
・Twitter、Instagramのためになる、面白い、カッコイイなどを紹介しよう!会

ーデリバリーの写真
他にもたくさん写真が集まりましたが、やはり一番多かったのはピザでした!
メンバーそれぞれ好きなものを自由にチョイスできる点は、オンラインTBならではだなと思います。

ーオンラインでどうチーム内交流を深めるか、嗜好を凝らした初めてのオンラインTB。
ご家族と一緒に楽しむメンバーもいて、それぞれオンラインならではのTBを楽しみました。

オンラインTBをやってみての感想

実際にオンラインTBをやってみて、挙がった意見を一部ご紹介します。

▼良かったところ

・オンラインオフィスだとどうしても雑談が減ってしまっているので、改めて仕事以外での会話が出来てよかった
・リモートなのに距離が近く感じて良かった。実際のTBだと、席の近い人としか中々交流が取れなかったりするので、全体と交流できるから良かった
・全員が好きな飲み物と好きな食べ物をチョイスして参加できるのは今までのTBではなかったと思うので、その点ではオンラインTBならではのメリットだと思った
・お子さんやペットの顔が見れるのも新鮮で嬉しい
・家にいる分リラックスできる、終電を気にしなくて良い、自分のタイミングで抜けられるなど、時間を気にせず余裕をもって参加できるのがいいなと思った
・普段のTBはつい仕事の会話になりがちだが、家のことや家族のことなどオンラインならではの会話をすることができた
・色んな人の意外な一面が見られて、非常に良かった
・意外とオンラインでもチームビルディングはできるということが分かった

▼改善すべきと思ったところ

・大人数だと話す人が偏ってしまうため、一人ひとりの発言機会を増やしたい
・グループ分けをする際、完全ランダムでなく、事前にグループ分けするもしくは一部だけランダムにするのも有りだと思う(グループに一人は盛り上げ役がいた方が、よりスムーズに進行すると思った)
・Zoomのbasicプランだと、40分で一旦接続が切れてしまうところ。また、1画面に収まらない人数だったので全員の様子を見るのが難しいと感じた
・少人数は事前にコンテンツを決めておかないと大変かも。部屋対抗戦とかは盛り上がりそう
・人数多すぎて声が聞き取れない時があった
・多人数で一斉に絵を描くのは楽しかったので、そのあたりを活かした企画があるとより楽しめるかと思った。ブレストにも使えるかも?

さいごに

いかがでしたでしょうか。
今回は一部のオンラインTB風景をご紹介しましたが、このようにファンプレックスでは各チームが「ただ働く」のではなく、「楽しく働く」工夫をしています。
部署・チーム内でのオンライン交流方法を悩んでいる方々にとって、今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

4月もあっという間に終わり、ゴールデンウイーク。
まだまだ目に見えない敵と戦う厳しい日々が続いていますが、皆様くれぐれもご自愛下さいませ。

ファンプレックス株式会社

グリー株式会社の100%子会社で、ゲーム運営事業を行う。
公式サイト: https://funplex.co.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/funplexInc

[本件に関するお問い合わせ先]
ファンプレックス株式会社 広報担当
東京都港区三田一丁目4番1号 住友不動産 麻布十番ビル 5階
E-mail: info.funplex@funplex.co.jp